インターネットリサーチなら、NTTグループの信頼と実績、NTTコム リサーチへ

第1回:地上デジタル放送に関する調査(前編)のアイキャッチ

第1回:地上デジタル放送に関する調査(前編)

共同調査 伝える ダウンロード

電子番組表を利用したい―74.1%

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

gooリサーチ と japan.internet.com による共同企画調査

gooリサーチとjapan.internet.comによる共同企画調査<アンカーリサーチ with goo (5)>

第1回:地上デジタル放送に関する調査(前編)

~放送予定が分かる電子番組表を利用したい――74.1%~

この「アンカーリサーチ with goo」では、gooリサーチと japan.internet.com が共同で、注目されているテーマについて定期的にアンケートを行い、その結果を毎週2回に分けて発表していく。

今回は、昨年12月1日から、東京・近畿・中京の3大都市圏で放送が開始した、地上デジタルテレビ放送について調査を行った。その結果、地上デジタルテレビ放送は専用の受信機があれば、月々の視聴料が無料で見られることを知っている人が50.5%いることが分かった。

調査対象は、東京23区、名古屋市、大阪市に住む、10代から50代の男女合わせて1,070人。男性43.3%、女性56.7%。年齢層は10代2.8%、20代27.0%、30代41.2%、40代21.8%、50代7.2%。地域比率は実際の人口比率に基づいて、東京23区63.4%、名古屋市16.7%、大阪市19.9%で調査した。

調査結果について

現在、地上デジタルテレビ放送を自宅で見たいか(CATV の視聴も含む)という質問に、「見たい」人は79.5%、「見たくない」人は14.7%となった。また、現在「見ている」人は5.8%いた。特に30代と40代に関しては「見たい」人がそれぞれ約80%だった。

データ放送を利用したいと思いますか?

自分が住んでいる地域が現在、地上デジタルテレビ放送の NHK 総合チャンネルの視聴が可能かどうか聞くと、「視聴可能」62.4%、「視聴不可能」3.5%。また、民放チャンネルと NHK 教育の視聴については「視聴可能」60.2%、「視聴不可能」4.7%だった。しかし、それぞれの質問で「視聴可能かどうか分からない」と回答した人が約35%と、どのチャンネルが視聴できるのか不明な人の多さが目立った。地域別に見てみると、名古屋市は NHK 総合、NHK 教育、民放それぞれ「分からない」と回答した人が約20%と、3大都市圏中1番低かった。

地上デジタルテレビ放送では、高画質・高音質のほかにも、データ放送や電子番組表、双方向機能、ショッピング機能、テレビ以外の携帯端末から視聴できるなど、さまざまなサービスが受けられるが、各サービスのニーズについて、現在地上デジタルテレビ放送を視聴していない人に聞いた。

テレビ画面で身のまわりのニュースなど確認できるデータ放送について「利用したい」58.9%、「利用したくない」が11.6%。8日分のテレビ放送予定が分かる電子番組表を「利用したい」74.1%、「利用したくない」は12.2%だった。特に20代の人は、電子番組表を「利用したい」と答えた割合が81.5%にのぼった。

電子番組表を利用したいと思いますか?

家に居ながらリモコン操作だけで、クイズや投票などに参加する双方向機能について「参加したい」が57.5%、「参加したくない」は21.3%。同様に、リモコン操作でテレビ番組の中で買い物ができる機能は「したいと思う」33.5%、「したくないと思う」が40.9%という結果になった。

地上デジタルテレビ放送は、専用チューナーなどの受信機があれば、民間放送なら月々の視聴料を支払うことなく視聴できるが(NHK の場合、現在受信料を支払っている人はそのままの料金で視聴可能で、支払っていない人は受信料を払わなければならない)、そのことについて「知っていた」人が50.5%、「知らなかった」人は49.5%。受信方法や視聴について、十分に理解している人と、そうでない人との差が今回の調査で見受けられた。

受信機等を購入すれば月々の視聴料は無料で見ることができることをご存知でしたか?

次回のアンカーリサーチ with goo も、第1回地上デジタルテレビ放送の調査結果の後編をレポートする。今度は地上デジタルテレビ放送対応のテレビや、チューナーなどの購入を中心にレポートする。

<調査概要>

  • 実施期間: 2004/04/13~2004/04/16
  • 有効回答数: 1,070

NTTコム リサーチは、平成24年10月1日にエヌ・ティ・ティ レゾナント株式会社からNTTコム オンライン・マーケティング・ソリューション株式会社へ事業譲渡され、平成25年12月9日にgooリサーチより名称変更いたしました。gooリサーチの調査結果(共同調査含む)等についてはこちらまでお問合せください。

この調査結果の単純集計を無料にて提供しています。

タグ:

上へ戻る