インターネットリサーチなら、NTTグループの信頼と実績、NTTコム リサーチへ

FTTHユーザの利用実態調査のアイキャッチ

FTTHユーザの利用実態調査

自主調査 伝える

平均利用時間は週27時間、6割以上がナローバンドから移行

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

gooリサーチ結果(No.45)

FTTHユーザの利用実態調査

~平均利用時間は週27時間、6割以上がナローバンドから移行~

国内最大級のインターネットアンケート・サービス「gooリサーチ」(*1)を共同で提供する株式会社NTT-X (本社:東京都千代田区、代表取締役社長:中嶋 孝夫)と 株式会社三菱総合研究所(本社:東京都千代田区、取締役社長:谷野 剛)は、gooリサーチモニターに登録している消費者モニターのうち、自宅で光ファイバー回線を導入しているユーザ(以下FTTHユーザ)を対象に、「FTTHユーザの利用実態調査」を実施しました。有効回答者数は、674名でした。

調査概要

1. 調査対象 FTTHを自宅に導入しているgooリサーチ消費者モニター
2. 調査方法 非公開型インターネットアンケート
3. 調査期間 平成15年1月9日(木)〜1月15日(水)
4. 有効回答者数 674名
5. 回答者の属性 【年齢】
19歳以下:2.2% 20代:22.0% 30代:43.3% 40代:23.0% 50歳以上:9.5%

【性別】
男性:57.3% 女性:42.7%

調査結果の概要

FTTHを導入しているgooリサーチ消費者モニターを対象に、H15年1月9日(木)から1月15日(水)にかけてアンケートを実施。674人より有効回答を得た。

本調査の結果、FTTHユーザの6割以上が、アナログ回線やISDNなどのナローバンドから、FTTHへ直接移行していることが明らかになった。

また、自宅でのFTTHの利用時間は週平均26.8時間で、FTTH導入以前よりも利用時間が7.1時間増加したと回答している。有料コンテンツを利用するユーザは2割と利用者はまだ少ないが、コンテンツがより充実すれば有料化しても良いという肯定的な意見が3割を占めた。有料コンテンツを利用する人の1ヶ月あたりの平均利用額は1,545円だった。

FTTHの満足度については、実効速度に関して半数近くが満足と回答。開通に要した期間に関しては「普通」という回答が最も多く3割以上を占めた。

調査結果のポイント

1.ナローバンドからFTTHへの移行が6割以上

2.平均利用時間は26.8時間

3.実効速度にほぼ「満足」

4.有料コンテンツの利用額は月平均1,545円

5.コンテンツ有料化に肯定的な見方も

調査結果データ

回答者の属性

図1. 回答者の年齢 (N=674)

図1. 回答者の年齢

図2. 回答者の性別 (N=674)

図2. 回答者の性別

1.ナローバンドからFTTHへの移行が6割以上

回答者が利用しているFTTH提供事業者では、NTT東西がトップを占め(46.6%)、関西電力系のケイ・オプティコム(26.1%)が2位、次に有線ブロードネットワークス(11.4%)が続いた(図3)。

利用目的は9割以上が個人的な目的で利用し、仕事や業務目的での利用は少なかった(図4)。

FTTHを導入する直前まで利用していたインターネット接続回線は、アナログ回線が29.5%、ISDN回線が37.2%。合計するとナローバンドからFTTHへ移行するケースが6割以上を占めた。一方、ブロードバンドであるADSLから移行するケースは20.1%、CATVインターネットからの移行はわずか5.7%であった(図5)。

図3. 利用しているFTTH提供事業者 (N=674)

図3. 利用しているFTTH提供事業者

図4. FTTHの利用目的 (N=674)

図4. FTTHの利用目的

図5. FTTH導入直前のインターネット接続回線 (N=674)

図5. FTTH導入直前のインターネット接続回線

2.平均利用時間は26.8時間

FTTHユーザの自宅での利用時間について自由記述回答形式で質問したところ、利用時間は週平均26.8時間であり、1日平均3.8時間利用されていることが明らかになった (図6)。

FTTH導入後、従来よりも利用時間が増えたと回答しているユーザは57.6%を占めた(図7)。FTTH導入後に増減した利用時間について自由記述回答形式で質問したところ、FTTH導入以前よりも週平均7.1時間の増加であった(図8)。

図6.FTTH導入後、自宅での週平均利用時間 (N=674 自由記述回答後分類)

図6.FTTH導入後、自宅での週平均利用時間

図7. FTTH導入後の自宅での利用時間の変化 (N=674)

図7. FTTH導入後の自宅での利用時間の変化

図8.FTTH導入後、従来より増減した週平均利用時間 (N=674 自由記述回答後分類)

図8.FTTH導入後、従来より増減した週平均利用時間

3.実効速度にほぼ「満足」

FTTHの満足度については、実効速度に関して「満足」(20.8%)、「どちらかといえば満足」(26.6%)と回答した人が半数近くを占めた。

一方、開通に要した期間については「普通」(36.5%)と回答した人が最も多く、「どちららかといえば不満」(19.6%)、「どちららかといえば満足」(17.7%)の回答が続いた(図9)。

図9. FTTHの満足度 (N=674)

図9. FTTHの満足度

4.有料コンテンツの利用額は月平均1,545円

FTTHユーザの有料コンテンツの利用状況について調べたところ、「ほとんど利用しない」ユーザが8割を越え、有料コンテンツを「ほぼ毎月利用」するユーザは7.7%で、1割に満たなかった(図10)。

有料コンテンツを「年に2-3回利用」「2-3ヶ月に1回利用」「ほぼ毎月利用」するユーザに対して、有料コンテンツの月平均利用金額を自由記述回答形式で質問したところ、月平均1,545円であった(図11)。

利用している有料コンテンツのジャンルは、「音楽のストリーミング・ダウンロード」(30.0%)、「オンラインゲーム」(26.4%)、「映画・ドラマ」(13.6%)などのエンターテイメント関係が上位を占めた一方、ビジネス情報(8.2%)、教育・学習(6.4%)関係は低い結果となった(図12)。

図10. 有料コンテンツの利用状況 (N=674)

図10. 有料コンテンツの利用状況

図11. 有料コンテンツ利用者の月平均利用額(N=110 自由記述回答後分類)

図11. 有料コンテンツ利用者の月平均利用額

図12. 利用している有料コンテンツのジャンル (複数回答N=110)

図12. 利用している有料コンテンツのジャンル

5.コンテンツ有料化に肯定的な見方も

FTTHユーザに対して、日頃使っている無料のインターネットコンテンツが有料化される場合の考えについて調査した。「有料化されたら使わない」(51.2%)という回答が約半数を占めたが、「コンテンツが充実するなら良い」(29.8%)という有料化に肯定的な回答もほぼ3割となった(図13)。

現在のブロードバンドユーザ向けコンテンツの満足度については、コンテンツの多さ、内容・質とも「普通」という回答が半数以上をしめた。ただ、コンテンツの多さに関して、「不満」(12.3%)、「どちらかといえば不満」(22.4%)の回答が合計して約3割を越え、コンテンツの内容・質に関して「不満」(12.6%)「どちらかといえば不満」(25.8%)の回答が4割を占めており、ともに「満足」「どちらかといえば満足」の回答を上回った(図14)。

一部のFTTHユーザが有料コンテンツに対して肯定的な一方、同時にコンテンツの質量とも充実を求めている結果となった。

図13. コンテンツ有料化に対する考え方 (N=674)

図13. コンテンツ有料化に対する考え方

図14. ブロードバンドユーザ向けコンテンツに対する満足度 (N=674)

図14. ブロードバンドユーザ向けコンテンツに対する満足度

《 補足 》

(*1)【 gooリサーチ 】http://research.goo.ne.jp/
ポータルサイト「goo」を運営するNTT-Xと、日本のリーディングシンクタンクである三菱総研の調査企画力、コンサルティング力が融合した、高品質で付加価値の高いeリサーチ・サービスです。携帯電話でアンケートに答える「gooリサーチ・モバイル」モニター(3.2万人)、キーパーソンのビジネスマンを中心とする「gooリサーチ・ビジネス」モニター(1.2万人)を含め、16.8万人の登録モニターを擁し、消費者向け調査から、法人向け調査、グループインタビューまで、様々な市場調査ニーズに対応しています。(モニターの人数はいずれもH15年1月現在)

<本調査およびgooリサーチに関するお問合せ先>

NTT-X リサーチグループ:(Tel) 03-5224-5380、(FAX) 03-5224-5203
NTT-X 広報室:(Tel) 03-5224-5500、(E-mail) pr@nttx.co.jp

<gooリサーチに関するお問合せ先>

株式会社三菱総合研究所 情報事業開発部 (eリサーチ事業チーム)
吉原、大澤:(Tel) 03-3277-0719、(Fax) 03-3277-3479
株式会社三菱総合研究所 広報部広報グループ:(Tel) 03-3277-0003

NTTコム リサーチは、平成24年10月1日にエヌ・ティ・ティ レゾナント株式会社からNTTコム オンライン・マーケティング・ソリューション株式会社へ事業譲渡され、平成25年12月9日にgooリサーチより名称変更いたしました。gooリサーチの調査結果(共同調査含む)等についてはこちらまでお問合せください。

この調査結果の単純集計を無料にて提供しています。

タグ: . .

上へ戻る