インターネットリサーチなら、NTTグループの信頼と実績、NTTコム リサーチへ

検索の仕方

第2回iモード利用状況に関する調査のアイキャッチ

第2回iモード利用状況に関する調査

2000/08/09自主調査 [伝える]ネットワーク・IT データストアあり

モバイルコマースの利用経験は2割に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

gooリサーチ結果(No.20)

第2回iモード利用状況に関する調査

~モバイルコマースの利用経験は2割に~

株式会社エヌ・ティ・ティ エックス(東京都千代田区大手町1-6-1、代表取締役社長 池田 茂)と、株式会社三菱総合研究所(東京都千代田区大手町2-3-6、取締役社長 谷野 剛)は、2000年7月27日から8月9日まで、2社が共同で運営するiモードアンケート・サイト「gooリサーチi」(http://research.goo.ne.jp/i/)において一般参加型調査として「第2回 iモード利用状況に関する調査」を実施しました。有効回答者数は2,570名でした。

なお、「gooリサーチi」では、10月10日(火)よりiモード及びウェブ上において、iモード・モニター会員登録の受付を開始し、合わせて新規モニター獲得キャンペーンを実施します。今後、モニターキャンペーンなどを通じ、2001年3月までに、登録モニター会員数5万人を目指します。(2000年10月現在 約15,000名)

調査概要

1. 調査方法 iモードからのみアクセスできるウェブ・アンケート調査

1.gooユーザ向け調査
gooリサーチiモード会員3,000名を対象に、調査サイトのURLをiモードへメールにて送付

2.GIAOユーザ向け調査
株式会社ギャオ(以下、GIAO、http://www.giao.com/)(*)が有する7,000名のiモード会員を対象に、調査サイトのURL をiモードへメールにて送付
2. 実施期間 2000年7月27日(木)〜8月9日(水)
3. 有効回収数 総回収数:2,570サンプル(26%)

1.gooユーザ向け調査
1,236サンプル(41%)

2.GIAOユーザ向け調査
1,334サンプル(19%)

*株式会社ギャオ:携帯電話向けEメールサービス"@DO(アットマークドゥ)"を運営。会員数約30万人(9月末現在)

調査結果の要旨

【回答者の属性】

回答者の57.9%が男性で、20歳代が57.1%が過半をしめている。職業は会社・団体職員が44.4%、学生が24.7%であった。

【iモードサイトの利用状況】

iモードで利用するサイト数は、65.0%が5サイト以下と、特定のサイトを利用する人が大半である。

公式サイトの割合は、平均すれば5割程度だが、年齢や利用経験によってかなり異なる。年齢の若い層や長期間利用した人ほど、公式サイトの割合は少なくなる。

非公式サイトへのアクセス方法は、検索サイトが最も多く(32.5%)、ついで口コミ(19.4%)である。

【サービスや購入・予約の利用状況】

有料サービスは69.0%が利用しており、そのうち着メロの利用が6割を占める。

モバイルコマース(iモードで購入・予約)を利用したことがある人は2割で、商品の種類としては、コンサートチケット、航空券が多い。特に高所得層での利用が多い。

調査結果データ

【1週間に利用するiモードサイト数はどの程度か】

iモードで1週間に利用するサイト数をみると、5サイト以下が65.0%、10サイト以下が27.3%となっている。利用するサイトの種類が10サイト以下である人がほとんどである。

【問1】あなたはiモードでこの1週間では何種類のサイトを利用しましたか。

【問1】あなたはiモードでこの1週間では何種類のサイトを利用しましたか。のグラフ

【そのうち公式サイトの割合はどの程度か】

この1週間に閲覧したサイトのうち公式サイトの割合は平均するとほぼ半分であるが、その分布は均一に近い。つまり公式サイトの多い利用者から公式サイトが少ない利用者まで均等に分布している。全て公式サイトである利用者は18.2%であった。

若年層ほど、また長い期間利用するほど、非公式サイトを利用する傾向にある。

【問2】そのうち公式サイトの割合は何割ですか。

【問2】そのうち公式サイトの割合は何割ですか。のグラフ

【非公式サイトにはどのようにアクセスしたか】

8割以上の人が非公式サイトを利用しているが、アクセス方法については、最も多いのが、「検索サイトから」で32.5%、次が「口コミ」で19.4%である。3位が「雑誌新聞の広告」である。

【問3】非公式サイトへはどのように行くことが最も多いですか。

【問3】非公式サイトへはどのように行くことが最も多いですか。のグラフ

【最も利用する検索サイトはどこか】

非公式サイトのアクセス手段として最も利用されているのが検索サイトである。

検索サイトで最も利用されているのはYahoo!モバイル、次が、OH!サーチ、iシークである。

検索サイトを利用していない割合は23.1%である。

【問4】検索サイトで最もよく使うのはどれですか。

【問4】検索サイトで最もよく使うのはどれですか。のグラフ

【有料サービスは何を利用しているか】

有料サービスを利用している割合は、69.0%である。

有料サービスで最も利用されているものが着メロで59.0%、次に画像で28.9%、交通機関案内が17.5%である。

【問7a】あなたはiモードで現在有料サービスを利用していますか?

【問7a】あなたはiモードで現在有料サービスを利用していますか?のグラフ

【問7b】あなたはiモードで現在利用している有料サービスがあれば選択してください。

【問7b】あなたはiモードで現在利用している有料サービスがあれば選択してください。のグラフ

【iモードで購入・予約したものはどの程度あるか】

iモードで予約や購入をしたことがある割合は、20.7%である。8割弱は利用した経験がない。予約や購入の利用経験は、年収が高いほど高く、年収700万円以上の利用経験者は3割以上である。

利用した割合が最も多いのは、コンサートチケットで32.4%、次に、航空券29.4%、ホテル・旅行24.3%である。予約系が上位を占めている。

購入系では、本13.6%、株式・投資12.1%、CD/DVD10.7%が上位である。

男女別でみると男性は女性に比べ航空券、ホテル、旅行の利用が多い。

【問5a】あなたはiモードで予約・購入したことがありますか?

【問5a】あなたはiモードで予約・購入したことがありますか?のグラフ

【よく利用する無料サービスは何か】

よく利用する無料サービスについてみると、無料ニュースが45.2%と約半数の人が無料ニュースを利用している。

次いで、タウン情報25.5%、交通情報18.1%となっている。

【問8】あなたはモードでよく利用しているサービスがあれば選択してください。

【問8】あなたはモードでよく利用しているサービスがあれば選択してください。のグラフ

【iモードの月額情報料(パケット通信費+有料情報料)はどの程度か】

iモードの月額情報料(パケット通信費+有料情報料)をみると、1500円以上が49.6%を占めている。

【問11】月額iモード情報量はいくらですか。

【問11】月額iモード情報量はいくらですか。のグラフ

調査結果グラフ

【問12】あなたはどの程度の頻度でパソコンを利用することがありますか。

【問12】あなたはどの程度の頻度でパソコンを利用することがありますか。のグラフ

【問13】あなたはレジャーやモノを買うときお金をどのように準備しますか。

【問13】あなたはレジャーやモノを買うときお金をどのように準備しますか。のグラフ

【問14】あなたは最近ではいつコンビニに行きましたか。

【問14】あなたは最近ではいつコンビニに行きましたか。のグラフ

【問15】あなたの大体の年収

【問15】あなたの大体の年収のグラフ

会員属性

性別

性別のグラフ

年齢層

年齢層のグラフ

職業

職業のグラフ

現在使用中のi-mode機種の利用開始時期

現在使用中のi-mode機種の利用開始時期のグラフ

NTTコム リサーチは、平成24年10月1日にエヌ・ティ・ティ レゾナント株式会社からNTTコム オンライン・マーケティング・ソリューション株式会社へ事業譲渡され、平成25年12月9日にgooリサーチより名称変更いたしました。gooリサーチの調査結果(共同調査含む)等についてはこちらまでお問合せください。

この調査結果の集計結果などを無料にて提供しています。

タグ: .

ページトップへ

 

NTTコミュニケーションズグループ NTTコム オンライン・マーケティング・ソリューション株式会社

Copyright(C) 2017 NTTCom Online Marketing Solutions Corporation