インターネットリサーチなら、NTTグループの信頼と実績、NTTコム リサーチへ

「インターネットユーザ」に関するアンケート調査結果のアイキャッチ

「インターネットユーザ」に関するアンケート調査結果

自主調査 伝える Download

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

本年1月15日から27日にわたり、ポータルサイトgoo上で、「インターネットユーザ」に関するアンケート調査を実施した。回答者数は9,720名であった。

調査結果について

回答者は、属性別に見ると、「男性」「20〜30代」「会社員」「未婚」が中心である。
アクセス場所は「職場」よりも「自宅」からの方が多く、接続時間も「自宅」の方が長い。

インターネットショッピングの利用者は、まだ体験レベルが多く、それほど普及しているとは言えないが、支払方法、商品探索方法は多様化している。
また消費嗜好性の点からも、利用者層の広がりが伺える。ショッピング利用者は、今後の利用意向も高く、サービス提供側による品揃え、支払方法、商品探索機能などの拡充が、利用者の満足度を高めるために必要と考えられる。

これらの取り組みは、ショッピング未利用者の不安・不満を解決することにもつながるが、未利用者が利用者の約3倍も存在する現時点では、未利用者のハードルを低くするための施策が必要と考えられる。

調査概要

1. 調査対象 gooユーザー
2. 調査方法 「goo」上で実施されたオンラインサーベイ(Web上での自記入チェック式調査)
3. 調査実施期間 1999年1月13日~1月26日
4. 有効回収サンプル数 9,720サンプル

調査結果データ

(1) ユーザープロフィール

回答者の属性は、性別に見ると「男性」が73.1%、年代別に見ると「20〜30代」が76.8%、職業別に見ると「会社員」が61.2%、未既婚別に見ると「未婚」が58.2%、子供有無別に見ると「子供無し」が66.7%を占めている。

【図1-1】性別のグラフ

【図1-2】年齢のグラフ

【図1-3】職業のグラフ

【図1-4】未既婚のグラフ

【図1-5】子供有無のグラフ

(2) インターネットアクセス状況

インターネットへのアクセス場所は、「自宅のみ」46.5%、「職場・学校と自宅両方」27.2%、「職場・学校のみ」25.3%の順に多い。

【図2-1】アクセス場所のグラフ

また1ヶ月の接続時間についても、「職場・学校」は「3時間未満」の25.3%、「自宅」は「3〜10時間」の31.7%が最も多く、利用場所は自宅の方が相対的に多い。

【図2-2】接続時間(職場・学校)のグラフ

【図2-3】接続時間(自宅)のグラフ

(3) インターネットショッピング

「インターネットショッピングの利用経験がある人」は25.5%と全体の1/4程度である。
その内、「昨年の購入回数が3回以内の人」は75.6%と3/4程度を占めており、購入回数はそれほど多くない。

【図3-1】ショッピング利用経験のグラフ

【図3-2】ショッピング利用回数のグラフ

購入商品の価格帯は「3万円未満」が85.7%と中心であるのに対して、支払方法は「銀行・郵便振込」が38.1%、「クレジットカード番号入力」が25.1%、「代金引換」が21.6%と多様化している。

【図3-3】ショッピング購入品価格帯のグラフ

【図3-4】ショッピング支払い方法のグラフ

(4) 商品の購入

ショッピングの際には、「商品は最初から決まっている」場合が75.2%と多い。

また商品にたどりつく方法は、「検索エンジン経由」38.5%、「サイバーショップ経由」27.4%、「メーリングリスト・ニュース配信経由」22.9%、「ショッピングモール経由」15.7%の順に多く、様々なアプローチがとられていることが伺える。

【図4-1】商品購入のきっかけのグラフ

【図4-2】商品にたどりつく方法のグラフ

同様に、ショッピングの利用理由も、「入手困難な商品がある」51.3%、「時間を気にせず利用できる」42.2%、「時間がない」33.9%、「価格が安い」28.0%の順に多く、マニア指向、時間節約指向、低価格指向など、利用者層の広がりが伺える。

【図4-3】ショッピングの利用理由のグラフ

(5) 利用意向

ショッピング利用経験者の内、94.5%は「今後も利用したい」という意向を持っている。

【図5-1】ショッピングの利用意向のグラフ

一方で未利用者は、利用しない理由として、「セキュリティへの不安」64.3%、「業者への不安」45.3%、「買いたい商品がない」41.9%、「実物を見ないと不安」38.5%、「本当に届くか不安」23.2%を挙げており、さらなる利用者の拡大へ向けては、これらの不安・不満を解決していく必要がある。

【図5-2】ショッピングを利用しない理由のグラフ

NTTコム リサーチは、平成24年10月1日にエヌ・ティ・ティ レゾナント株式会社からNTTコム オンライン・マーケティング・ソリューション株式会社へ事業譲渡され、平成25年12月9日にgooリサーチより名称変更いたしました。gooリサーチの調査結果(共同調査含む)等についてはこちらまでお問合せください。

この調査結果の単純集計を無料にて提供しています。

タグ: .

ネットリサーチをご検討の方、市場調査に興味のある方、お気軽にお問合せください。

上へ戻る