NTTグループの信頼と実績。インターネットリサーチならNTTコム リサーチ

調査のお見積 フリーダイヤル 0120-051-500

環境・エコ守る」についての調査結果

最新自主調査結果

フェアトレードに関する調査自主調査

フェアトレード商品購入経験者の過半数が国際協力を動機としている

欧米諸国で一般的になりつつあるフェアトレードについて、日本での普及実態を調べた結果、4割がフェアトレードを認知していることが分かりました。フェアトレード商品購入経験者の過半数が国際協力を理由に挙げていることが明らかになりました。また、今後におけるフェアトレード商品購入意向者の7割以上が、一般商品よりも高価格であることを受容していることから、フェアトレード商品に対する関心の高さが伺えます。一方で、フェアトレードの内容を認知しながらも、購入可能な場所や商品自体の情報不足等により購入機会を得られていない消費者が数多く存在する背景には、フェアトレード商品の普及が未だ限定的である現状が見てとれます。

調査結果一覧

2013/01/23共同調査

第5回 環境対策に関する消費者意識調査

環境対策注力イメージ企業ランキング

環境対策注力イメージ企業ランキングについては大きな変化が見られない中、消費者の環境問題に対する関心度は低下傾向にある。理由として、消費者が環境問題より原発問題を重視する点があげられる。また、景気の低迷から環境問題よりも景気回復を優先する意識が働いたことも理由としてあげられる。

2012/01/26共同調査

第4回 環境対策に関する消費者意識調査

環境対策注力イメージ企業ランキング

環境対策に力を入れていると感じる企業は、1,078人のうち、1人5社までの記述式回答で290人(26.9%)から支持を獲得した「トヨタ自動車」が、トップを獲得した。支持した理由は「ハイブリッドカー(プリウス)を販売している」という回答が、前回同様ほぼ全てを占めた。

2011/02/17共同調査

第3回 環境対策に関する消費者意識調査

環境対策注力イメージ企業ランキング

環境対策に力を入れていると感じる企業は、1,094人のうち、1人5社までの記述式回答で397人(36%)から支持を獲得した「トヨタ自動車」が、2位以下に大きく差をつけてトップを獲得。首位トヨタ自動車の支持率は前回2009年秋の40%に対し、今回は36%と若干減少したものの、大きくは変わらなかった。同社を挙げた理由は「ハイブリッドカー(プリウス)を販売している」という回答が、前回同様ほぼ全てを占めた。

2010/09/14自主調査

フェアトレードに関する調査

フェアトレード商品購入経験者の過半数が国際協力を動機としている

欧米諸国で一般的になりつつあるフェアトレードについて、日本での普及実態を調べた結果、4割がフェアトレードを認知していることが分かりました。フェアトレード商品購入経験者の過半数が国際協力を理由に挙げていることが明らかになりました。また、今後におけるフェアトレード商品購入意向者の7割以上が、一般商品よりも高価格であることを受容していることから、フェアトレード商品に対する関心の高さが伺えます。一方で、フェアトレードの内容を認知しながらも、購入可能な場所や商品自体の情報不足等により購入機会を得られていない消費者が数多く存在する背景には、フェアトレード商品の普及が未だ限定的である現状が見てとれます。

2010/03/26共同調査

第10回 環境・社会報告書に関する読者の意識調査結果

gooリサーチ結果 (No.188) 第10回 環境・社会報告書に関する読者の意識調査結果 ~環境...

2009/12/03共同調査

エコ活動に対する意識調査

報道発表資料 平成21年12月3日 gooリサーチ結果 (No.185) エコ活動に対する意識調査...

2009/08/13共同調査

第14回[ネットで聞きました] 温室効果ガス削減の目標値をどう思う?

週刊エコノミスト 2009年8月4日号 gooリサーチと週刊エコノミストによる共同企画調査<第14...

2009/04/24 

▲サステナブル商品に関する消費者動向調査

調査結果の詳細はこちらとなります。(※共同調査パートナー様のサイトへリンクします)...

2009/02/17 

世界の水不足と日本の水不足

ヴァーチャルウォーター=仮想水とは  日本に水資源問題は存在しないと考える人は多いだろう。すでに人...

2009/02/16 

低炭素社会の実現は可能か

地球は本当に危機なのか  米国のブッシュ政権が京都議定書を離脱した理由は、温暖化がCO2のせいとは...
  • お見積や資料請求などお気軽に Webからのお問合せ
  • 調査に関するお問合せはこちら お電話・メールでのお問合せ

ページトップへ

 

NTTコミュニケーションズグループ NTTコム オンライン・マーケティング・ソリューション株式会社

Copyright(C) 2014 NTTCom Online Marketing Solutions Corporation