NTTグループの信頼と実績。インターネットリサーチならNTTコム リサーチ

お見積・資料請求・お問合せ

消費・購買費やす」に関連した調査結果

最新自主調査結果

「光コラボレーションモデル」に関する調査結果自主調査

「それほど安くならない」と厳しい声もあるが、新しい付加価値とのコラボへの期待も大。

2015年2月からスタートしたNTT東西「フレッツ光」の卸売サービス「光コラボレーションモデル」。サービス開始後3ヶ月時点での意識調査を行ったところ、「ドコモ光」「SoftBank光」といったブランド名の認知は進んでいるものの、詳しく知っている人は1割未満。現時点で光コラボを利用している(申込んでいる)のは5%程度。「インターネット料金が安くなる」点に魅力を感じて申込んだ一方で、実際に利用してみると「それほど安くならない」といった厳しい声も。ユーザーの大半は現状に不満がなく、変更手続きが必要な割には思ったより安くならない光コラボの利用意向は想定より高くない、というのが今の実態だ。

調査結果一覧

2015/06/10共同調査

ITデジタル家電購入意向調査(2015年夏ボーナス商戦編)

ボーナス支給額は僅かながら上昇も、購買意欲は若干減少

Webアンケートの結果によると、この夏のボーナス支給額が「昨夏より増加する」と答えた回答者は15.3%を占め昨冬の13.7%からやや増加した。「昨夏より減少する」との回答は9.3%でこちらも昨冬の8.7%から若干増加する結果となった。今夏のボーナスによる購買意欲については、「昨夏と比べ上がった」との回答が10.3%と、昨冬の13.3%からやや減少したのに対し、「下がった」との回答は22.3%と、昨冬の21.7%に比べ若干増加する結果となった。

2015/06/09自主調査

「光コラボレーションモデル」に関する調査結果

「それほど安くならない」と厳しい声もあるが、新しい付加価値とのコラボへの期待も大。

2015年2月からスタートしたNTT東西「フレッツ光」の卸売サービス「光コラボレーションモデル」。サービス開始後3ヶ月時点での意識調査を行ったところ、「ドコモ光」「SoftBank光」といったブランド名の認知は進んでいるものの、詳しく知っている人は1割未満。現時点で光コラボを利用している(申込んでいる)のは5%程度。「インターネット料金が安くなる」点に魅力を感じて申込んだ一方で、実際に利用してみると「それほど安くならない」といった厳しい声も。ユーザーの大半は現状に不満がなく、変更手続きが必要な割には思ったより安くならない光コラボの利用意向は想定より高くない、というのが今の実態だ。

2014/12/12共同調査

ITデジタル家電購入意向調査(2014年冬ボーナス商戦編)

ボーナス支給額は夏に続き増加するも、購買意欲は若干減少

Webアンケートの結果によると、この冬のボーナス支給額が「昨冬より増加する」と答えた回答者は13.7%を占め昨冬の8.7%から大きく増加した。「昨冬より減少する」との回答は8.7%でこちらも昨冬の9.2%から改善する結果となった。今冬のボーナスによる購買意欲については、「昨冬と比べ上がった」との回答が13.3%と、昨冬の11.7%からやや増加したのに対し、「下がった」との回答は21.7%と、昨冬の21.5%に比べ若干増加する結果となった。

2014/06/12共同調査

ITデジタル家電購入意向調査(2014年夏ボーナス商戦編)

ボーナス支給額は増加に転じ、購買意欲も回復傾向が続く

MM総研はインターネットアンケート・サービス「NTTコム リサーチ」の会員モニターを使い、全国の20歳以上の就業者を対象とした「夏のボーナス商戦に関するアンケート」を実施、結果をまとめた。Webアンケートの結果によると、この夏のボーナス支給額が「昨夏より増加する」と答えた回答者は14.9%を占め昨冬の8.7%から大きく増加した。「昨夏より減少する」との回答は5.2%でこちらは逆に昨冬の9.2%から大きく減少する結果となった。

2013/12/12共同調査

ITデジタル家電購入意向調査(2013年冬ボーナス商戦編)

冬のボーナスが「昨冬より増加する」と答えた回答者は8.7%と今夏の9.0%から若干減少

MM総研(東京都港区、所長・中島 洋)は12月12日、インターネットアンケート・サービス「NTTコム リサーチ(旧gooリサーチ)」の会員モニターを使い、全国の20歳以上の就業者1,121人を対象とした「冬のボーナス商戦に関するアンケート」を実施、結果をまとめた。Webアンケートの結果によると、この冬のボーナス支給額が「昨冬より増加する」と答えた回答者は8.7%を占め今夏の9.0%から若干減少した。消費増税による駆け込みは2割強、うち約4割は100万円以上の高額商品だった。

2013/11/14共同調査

法人ユーザーにおける携帯電話/スマートフォンの導入配布状況・ニーズに関する調査(2013年度版)

スマートフォンの従業員配布率は3年後12.5%へ拡大の見通し。一方、消極派企業も半分強

株式会社MM総研は、gooリサーチ会員モニターを使い、「法人ユーザーにおける携帯電話/スマートフォン...

2013/09/30自主調査

動画撮影に関する調査

普段の生活時から旅行や趣味・イベント事での動画撮影まで利用シーン増へ

スマートフォンやタブレット端末が普及する中、静止画に加え動画の撮影シーンも増えていることが想定されます。また、デジタルビデオカメラでは近年プロ向けの機器も発売されるなど、動画を撮影するシーンは機器によって異なる使い方をなされていることが想定されます。このことから、gooリサーチは20代以上の働いている方を対象に、個人(ご家庭)と業務向けでの動画撮影に関する実態について調査致しました。

2013/09/11自主調査

「株式投資とソーシャルメディア」に関する調査

Twitterの情報が投資判断に影響、2割弱

アベノミクスで株式市場が活況な中、株式投資とソーシャルメディアの利用実態について調査を行いました。ソーシャルメディアが投資判断に与える影響についてたずねたところ、Twitterの情報が投資判断に影響しているとの回答が2割弱となりました。今後の投資意向については、安定志向の維持が約5割を占め、アベノミクス相場に対する慎重な姿勢がみてとれます。

2013/06/12共同調査

ITデジタル家電購入意向調査(2013年夏ボーナス商戦編)

ボーナス支給額・購買意欲は08年冬以降で最も大きく改善

株式会社MM総研は、gooリサーチ会員モニターを使い、全国の20歳以上の就業者を対象とした「夏のボー...

2013/03/07自主調査

フェアトレード商品に関する調査結果

一般商品に比べて、1割以上の高価格でも約6割が購入意向

インターネットアンケート・サービスを提供する「gooリサーチ」は、20歳以上の「gooリサーチ」消費者モニターを対象にフェアトレード商品に関する調査を実施しました。有効回答者数は2350名でした。

ページトップへ

 

NTTコミュニケーションズグループ NTTコム オンライン・マーケティング・ソリューション株式会社

Copyright(C) 2015 NTTCom Online Marketing Solutions Corporation