NTTグループの信頼と実績。インターネットリサーチならNTTコム リサーチ

調査のお問合せ フリーダイヤル 0120-051-500

ビジネス・経済働く」に関連した調査結果

最新自主調査結果

NPS®業界ベンチマーク調査自主調査

21業界140ブランドを対象に友人や同僚に薦めたいかを調査

NPS®(Net Promoter Score®)の日本市場におけるベンチマークとして、金融・通信・ハイテク機器・EC・旅行業等の21業界・全140ブランドにわたるNPS調査を実施しました。

調査結果一覧

2015/03/31自主調査

NPS®業界ベンチマーク調査

21業界140ブランドを対象に友人や同僚に薦めたいかを調査

NPS®(Net Promoter Score®)の日本市場におけるベンチマークとして、金融・通信・ハイテク機器・EC・旅行業等の21業界・全140ブランドにわたるNPS調査を実施しました。

2015/03/10共同調査

人事評価に関する調査

人事評価における不満の大半は「評価基準の曖昧さ」

日本経済新聞社とNTTコムリサーチは、20代~50代のビジネスマンを対象に「人事評価に関する意識」についてインターネットでアンケート調査を実施しました。

2015/02/23共同調査

東日本大震災発生後の企業の事業継続に係る意識調査(第3回)

3.11から4年、BCP策定は停滞段階に。自社だけでの事業計画策定に限界

2011年7月、2013年1月に実施した「東日本大震災をうけた企業の事業継続に係る意識調査」の継続調査として、東日本大震災の発生に伴い、企業の事業継続に対する取り組みや意識にどのような変化が生じたか、震災の教訓を踏まえ、企業各社は現在どのような課題認識を持っているか、等について調査を実施しました。

2014/11/04共同調査

ビジネスマンの資料作成に関する調査

ビジネスマンの資料作成に関する調査、誰にも教わらず資料作成をしている人が半数以上

企業に勤める正社員1000人を対象に、業務での資料作成における実態、意識について調査しました。

2014/09/04共同調査

企業におけるオム二データ・オム二チャネル戦略に関する動向調査

40.6%の企業で各種顧客情報ID連携を実施

顧客情報・商品情報などが急速にデジタル化し、多種多様なデータ・チャネルのすべてを統合的に扱い、より顧客にシームレスな購買体験を提供するオム二データ・オム二チャネル戦略の重要性が高まっています。そこで、日本企業におけるオム二データ・オム二チャネル戦略について調査した。

2014/08/28共同調査

ビジネスマンの転職意識に関する調査

転職検討者は全体で約4割。20代では特に検討者が高く約半数に達する

雇用環境に変化がみられる中、日本経済新聞社とNTTコムリサーチは、20代~50代のビジネスマンを対象に転職への意識についてインターネットでアンケート調査致しました。

2014/04/22共同調査

「女性のキャリア意識」に関する調査

女子大生の45.7%がエキスパートを志向、結婚・出産後も正社員を希望が58.1%

景気回復で就職内定率が改善しているものの、依然として企業側は厳選採用の傾向にあり、就職環境は厳しい状況にあります。その情勢を受けてか、女子大生も現在働いている20代未婚女性も「エキスパート型」人材タイプの志向者が多く、「リーダー型」人材志向者が少ないことがわかりました。

2013/12/20共同調査

"データ"に基づく経営とワークスタイル

約1/4の企業がデータサイエンティストの確保・育成に積極的

近年、企業では「ビッグデータ」や「データサイエンティスト」といった言葉で代表されるように、データやその分析結果に基づき、人や組織が行動することへの注目が集まっています。一方、ICTを活用して働く場所が分散化するなかで、企業の内外で価値観や立場が異なる人々の間でのコミュニケーションを促進する取り組みも進んでいます。そこで、"データ"に基づく経営とワークスタイルをテーマに、調査を実施しました。

2013/12/12共同調査

「ダイバーシティ経営」~働き方からみた多様性の受容

ダイバーシティが浸透している職場は2割を下回る

少子高齢化が加速する日本では、改正高年齢者雇用安定法や女性管理職の登用など、国は企業に対してダイバーシティ経営を求めるとともに、各種制度等の整備を求めています。企業は、人件費の増大に悩みながらも、国からの要請ならびに社会的な要請に応えるため、各種制度の導入を進める一方で、働く側の職業観や価値観の多様化が進み、各種制度の導入だけでは、多様な人材の活用が難しくなっています。そこで、ダイバーシティ経営を推進するうえでの参考となるよう、「働き方からみた多様性の受容」をテーマに調査を行いました。

2013/12/11共同調査

私用端末の業務利用(BYOD)動向調査

業務資料作成のニーズが高いものの、セキュリティに懸念

PCやスマートフォン、タブレットの普及に伴い、プライベートで使い慣れた私用端末を業務に用いるBYOD(Bring Your Own Device)という利用形態が広がっています。また、私用端末の利用にとどまらず、プライベートで利用しているクラウドサービスを業務に活用する動きもあります。このような私用端末の業務利用は業務の生産性向上等のメリットが期待できますが、情報漏洩などのセキュリティ面等の懸念もあります。そこで、BYODの実態、BYODに対する期待や懸念を明らかにすることを目的にシステム部門とユーザーにわけて調査を行いました。

ページトップへ

 

NTTコミュニケーションズグループ NTTコム オンライン・マーケティング・ソリューション株式会社

Copyright(C) 2015 NTTCom Online Marketing Solutions Corporation