従業員を対象にしたNPS(eNPS)の業界別ベンチマーク調査

自主調査 働く

eNPS(自社推奨度)の業界ごとのスコアは、小規模の事業者と特に中規模の事業者で、自社推奨度との相関が高いものの、満足度が平均よりも低い「改善を要する」項目が多く挙がった。特に「将来像・キャリアプラン」の満足度の改善は、小規模と中規模の事業者の共通の課題であることがわかった。

NPSベンチマーク調査(ISP)

自主調査 伝える

ISP8社のNPSおよびロイヤルティ要因についての調査を実施したところ、もっともNPSが高かったのはeo光(ケイ・オプティコム)となりました。ISP業界全体でみると、「コスパ」「通信速度」「通信の安定性」で重要度と満足度のギャップが大きく、課題感のある要素となりました。

NPSベンチマーク調査結果(スマートフォン)

自主調査 費やす

スマートフォンメーカー8社のNPS(R) (ネットプロモータースコア)およびロイヤルティ要因についての調査を実施しました。この結果、もっともNPS(R)が高かったのはiPhone(Apple)となりました。また、革新的な機能やサポートの手厚さ等の付加的な機能の満足度が推奨者と中立者の差となり、安定性や使い勝手といった基本的な機能への満足度が中立者と批判者を分ける結果となりました。

NPSベンチマーク調査結果(百貨店業界)

自主調査 費やす

百貨店業界10社のNPS (ネットプロモータースコア)およびロイヤルティ要因についての調査を実施しました。この結果、もっともNPS(R)が高かったのは阪急百貨店となりました。また、推奨度が高い人ほど当該百貨店での年間利用金額が高い傾向が見られました。

NPSベンチマーク調査結果(通販化粧品・健康食品業界)

自主調査 費やす

通販化粧品・健康食品業界9社のNPS® (ネットプロモータースコア)およびロイヤルティ要因についての調査を実施しました。この結果、もっともNPS®が高かったのはオルビスとなりました。また、購入の決め手となった情報源別のNPS®を分析したところ、「コンタクトセンター」および「知人からのお薦め」を選択している購入者のNPS®が高い結果となりました。

NPSベンチマーク調査結果(自動車保険業界)

自主調査 暮らす

自動車保険会社9社のNPS® (ネットプロモータースコア)およびロイヤルティ要因についての調査を実施しました。この結果、もっともNPS®が高かったのはソニー損害保険株式会社となりました。また、代理店型とダイレクト型とで違いはあるものの、両者ともに「コスパ」での重要度と満足度のギャップが最大となり、今以上の「コスパ」への期待感が見られました。

NPSベンチマーク調査結果(クレジットカード業界)

自主調査 費やす

クレジットカード会社14ブランドのNPS®(ネットプロモータースコア)およびロイヤルティ要因についての調査を実施しました。この結果、もっともNPS®が高かったのはビューカードとなり、また、NPS®上位カードでは、日常生活での「ポイントのたまりやすさ」「使いやすさ」など、個々のライフスタイルにあった「お得感」が高く評価されました。

NPSベンチマーク調査結果(生命保険業界)

自主調査 働く

生命保険会社11社のNPS®(ネットプロモータースコア)およびロイヤルティ要因についての調査を実施しました。この結果、もっともNPS®が高い企業はソニー生命保険株式会社となり、またNPS®が高い企業は保有契約高の前年比(成長率)も高い傾向が見られることがわかりました。

NPS®業界ベンチマーク調査

自主調査 働く

NPS®(Net Promoter Score®)の日本市場におけるベンチマークとして、金融・通信・ハイテク機器・EC・旅行業等の21業界・全140ブランドにわたるNPS調査を実施しました。

「マーケティング・オートメーション」に関する調査結果

自主調査 伝える

デジタルマーケティングの本格的な普及拡大に伴い、アドテクノロジー(ネット広告における配信技術や広告流通の技術)やマーケティングテクノロジーも日々進化しております。WEBマーケティングに携わっている方を対象に調査を実施したところ、マーケティング・オートメーションの認知度は40%を超え、大企業では、効率的なリード獲得と多様な顧客アプローチが求められている現状が浮き彫りになりました。

IT文字コミュニケーションに関する調査

共同調査 伝える

このレポートは、インターネットコム NTTコムリサーチが携帯電話やインターネットを活用したアンケート調査を定期的に行い、その結果を発表するものである。今回は「IT文字コミュニケーション」について調査した第4回である。

第5回「企業におけるソーシャルメディア活用」に関する調査

共同調査 伝える

ソーシャルメディア公式アカウントを運用する企業では、Facebook活用率が約8割、Twitter活用率が5割超、mixi、Google+、LINEが約25%と利用が加速し、企業のブランディング、自社サイトへの流入増加、EC連動等目的に応じて複数のソーシャルメディアを使いこなしていることが確認されます。

就職活動に関するアンケート

共同調査 働く

日経産業新聞とgooリサーチは、2014年に就職を予定しているまたは就職活動中(2014年入社内定済みの人含む)の短大・専門学生2年生以上、大学4年生以上・大学院生を対象に、就職活動の状況についてインターネットでアンケート調査致しました。

商品開発に関する調査

共同調査 伝える

早稲田大学マーケティング・コミュニケーション研究所とNTTレゾナント株式会社は、全国のgooリサーチ登録モニターを対象に「商品開発に関する調査」として、企業のユーザー参加型商品開発における参加経験と阻害要因について調査しました。